忍者ブログ
Dogo★ArgentinoのAlbachakofuv家的日常
プロフィール
HN:
Chakofuv母
HP:
性別:
女性
自己紹介:
ドゴ・アルヘンティーノのAlbachakofuvを含め、
現在3ワンコ、1ニャンコ、1ベビーを中心とした
ならず者(?)familyの喜怒哀楽な日常を
Chakofuv母の独断と偏見でお送りします・・・
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[04/06 YAE]
[04/04 YAE]
[03/27 YAE]
[03/24 YAE]
[03/22 YAE]
本記事中のスマイリーの画像は、Smiley Central を運営するアスク ドット ジェーピーから使用許諾を受けて掲載しています。
ゆらゆら
最新記事
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4
HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY

DSC05681.JPG
サーさん泣いてますぅ~
どうしたんですかぁ~
大丈夫ですかぁ~
母ちゃん呼びましょうか~





DSC05682.JPG
今呼んできますから
ちょっと待っててくださいねぇ~





と言って足をペロペロしていると、ガッツ~ンと顔を蹴られた。
チャコフ・・・あんた、それ、何回目だ

ところで、今日、父ちゃんが遂に、サーさんを沐浴させました
生まれてこの方、お風呂では泣いたことがない
と言う、お風呂好き
病院でも、毎日、助産師さんが沐浴させてくれててんけど、
「こつぶちゃん、ホント、お風呂大好きみたいですよ~。
他の子達も入っちゃえば、そうでもないんですけど、
お湯につけたとき、ビックリして泣いちゃう子が多いんですよねぇ。
でも、こつぶちゃんはお湯につけると“ニタ~”って顔するんですよ。
それが、かわいくて、おかしくて、毎回みんなで笑ってしまうんですけどねぇ~」って
大評判のお風呂好き。
うちに帰ってきてからも、一度も泣いたことがないし、
あんまり良くないねんけど泣いてる時にお風呂に入れると、ご機嫌さんになるくらい。
それを見て父ちゃんが、「今日はオレが風呂入れたろ」って言うねん

サーさんがお風呂に入っている間、心配なチャコフ。


DSC05687.JPG

フニャフニャ、フニャフニャ




DSC05687.JPG
クネクネ、クネクネ





DSC05689.JPG

まだですか




ってな感じ

そんなに心配なら、チャコフも一緒に入ればエエねん
  

                              

PR


HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY

おしりかじり虫~ おしりかじり虫~

って・・・耳について離れましぇ~ん


ってことで

あらっ何で勝手に“ひらがな入力”になってんねん
あららっ入力できないじゃん

またキーボードが壊れやがった
せっかく、私がヤル気出してんのに、
なんてザマだ

こんチクショ~、ムカつく野郎だぜまったく

と、
ひとりでイライラして、ひとりでムッカ~として
ひとりでカリカリして、ひとりで怒っておりました

が、
電池が切れていただけでした

電池を交換すると
あら、不思議
ちゃんと、使えるじゃん

私って、おバカ

でもそんなの関係ね~はい、おっぱっぴ~
これ、ちょっとマイブーム

ってか、電池切れてるんなら電池切れてるで、
警告してくれよ



HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY

仕事から帰って来た父ちゃんが、
サリに「ただいまぁ~」って言うねんけど、
父ちゃん曰く
「俺がサリちゃんに声かけたらめっちゃイヤな顔しよるし、
泣き出しよる…」と凹んでた
べつにそんなことないねんけどね

子守り隊隊長(チャコフ)も、
そんな様子を察知してか
「何何かサリーちゃんに用」と言わんばかりに
父ちゃんとベッドの間に入り込んで
父ちゃんの行く手を阻む
何をやってるんだか・・・

そんな生活が1週間ほど続いて
この間の父ちゃんが休みの日、
サリがギャン泣きし始めた。
「何やぁ何言うてんねやぁ」と
父ちゃんがサリを抱っこしようとしたとき、
チャコフ隊長が
「ピィ~ピィ~、ウゥ~ウゥ~バウバウ」って言いながらアタフタ
通訳すると
「何何やってんのサリーちゃんに何か用
泣いてるときは母ちゃんにお知らせに行かなあかんねんで
サリーちゃんに触るのは母ちゃんの許可があってからやで
母ちゃんの許可なく触ったら怒られるで」って始まった

父ちゃんは「うるさいなぁ邪魔っ
とチャコフに一喝

それでもお守り隊隊長の名誉に掛けて(?)抱っこしようとする父ちゃんに
「勝手に触ったら怒られるで
か、か、母ちゃあ~ん」と
私の顔を見ながらアタフタアタフタ

アタフタ、アタフタしながらも
抱き上げられたサリのオシリを
鼻先で突っついて、またしても
「コラッ何やってんねんっあほかっ」と、
父ちゃんに怒られたチャコフ

“あほ”呼ばわりされたチャコフ…
さて、どうすると、ちょっと楽しみながら見ている私

さすが、子守り隊隊長
そんなことにもメゲずに、サリのオシリをツンツンする
「だからっ何やってんねん危ないやろっ」と怒る父ちゃん。
アタフタするチャコフ・・・

そろそろチャコフに助け舟を出すことにした私

「多分、お○っこしてるかしたいんやと思うで」
って父ちゃんに言うと
「おっそうかぁ」って言うてサリをベッドに寝かせ、
いざ、オムツ交換
私の言葉を聞いてやっと落ち着いたチャコフは
「出来んの」ってな顔でちょっと離れて見ている
「お~、お○っこしてるわ~」って言いながら
オムツを交えようとする父ちゃんに
「ペットシーツをオシリの下に敷きや」ってアドバイス
「えっ、そうなん」って言うて
レギュラーサイズのペットシーツをオシリの下に敷く父ちゃん。
再び、いざ、オムツ交換
「あ~あ~あ~あ~ちょっと待て、ちょっと待て
あ~あ~あ~」と一人で大盛り上がり(?)

そうサリはがしたかったのだ
オムツを取った瞬間、
ブリブリ~っと(汚くてすんません)出てくる、出てくる
父ちゃんの「もうええか」の言葉を無視するかのように、
顔を真っ赤にしてキバルサリーちゃん

ようやく、すったもんだしながらオムツ交換を終えた父ちゃん

それを「ジィ~~~」っと見ていたチャコフ。

そして、お互い目が合い…

父ちゃん、苦笑い
チャコフ、勝ち誇る


この事実をチャコフは把握していた
私も何度かやられてるので…

チャコフもそうやけどベガも
したそうなサリが分かるらしい・・・。

なぜ分かるんだ

雰囲気かそれともニオイか

ニオイは確かにあるかもしれへんなぁ。

サリがしてても爆睡してる時、
チャコフは3Fに居っても下りてきて、
クンクンニオイをかぎにいってるもんなぁ・・・

恐るべし犬の嗅覚
恐るべしチャコフの任務遂行



HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY



私が出産入院中していた病院の
産科病棟はある意味、隔離病棟のような状態。
カードキーで病棟内に出入りしなければならない。
と、言いますのも
出産後、母子同室で、新生児の安全確保の為
(連れ去られたり、病気に感染するのを防ぐ目的)。
で、トイレに行く時とか、その他何かの用事で
母親が赤ちゃんのそばを離れる時には24時間いつでも
必ず、ベビー室(助産師さんたちが見てくれる)に預けてください
という事になっている。

入院3日目の深夜1時過ぎに、トイレに行きたくなった私は
ベビー室の助産婦さんにサリを預け、
トイレに行くことに
病室からトイレまではちょっと遠い
深夜の暗い病棟の廊下を歩き、ようやくトイレに到着。
トイレは和式と洋式があって、
出産直後の私は傷口が痛くて座りができなかった為
洋式のトイレに入りたかった。
が、どういう訳か洋式トイレが使用中になっている。
待っててもエエねんけど、我慢できへんかったんで
ひとつ下の階のトイレへ行ってん。
ほんだら、そこも使用中で
もうエエわっ
って思って1Fのトイレへ行くことにしてん。
階段で行くのはちょっとキツイ階に入院していたので
エレベターで下りててんけど
なぜか、2Fでエレベーターが止まってん
何でやねんっって思ったよ
だって、2Fって外来やから、
そんな深夜に外来がやってるわけないやん
当然、真っ暗やし・・・。
で、慌ててエレベーターの“閉”のボタンを押したのは
言うまでもない
そんなこんなで、ようやく1Fに到着して
トイレに駆け込むことができました。

で、用を済ませてホッとして、手を洗って
トイレからでようとしたその時

シャ~~っと水の流れる音がする。
この病院の1Fのトイレは
センサーで水が流れる仕組みになっていて、
用を済ませてセンサーに手をかざすか、
人が便器から離れて数秒後に自動で水が流れるようになっている

えぇ~~っ!?
しかも、私が入ったトイレからではなく、
違うトイレから聞こえてくる

だ、誰も入ってないやん!!

トイレのドアは開いたままで、水だけが流れておりました

ギョエェ~~っって思った私は、
急いでエレベーターへ
自分が入院している階のボタンを押した。
そしたら、また、2Fの外来でエレベーターが停止
もちろん、誰も乗ってこないし、乗ってくる訳がない
や、止めてやぁ・・・と思いながら
速攻で、エレベーターの“閉”のボタンをプッシュ
動き出したエレベーターは今度は4Fで止まった
またかよっ
って思って“閉”のボタンを押そうとした時、
その階の看護師さんたち+ドクターがバタバタと慌しい動きをし、
とある病室からは
オイオイと泣き声がする
どうやら、誰かが亡くなったらしい・・・




HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY

DSC05482.JPG

久々に、ルーラーが怒りの鉄拳
チャコフに見舞った
と言うのも、
エエ気持ちで寝ているルーラーのそばを
行ったり来たり、行ったり来たり
しつこいくらい
いや、チャコフは何につけても常にしつこいんですが
してて、「いつかルーラーを踏むで」と思っていたら
案の定、寝ているルーラーの身体に触れてしまった
寝ているときのルーラーは
身体に触れらることが何より嫌い
ガルル~ッガルガルガルガル~ッ
通訳しよう
「お前さっきからチョロチョロ、チョロチョロ
デカイ身体で何やってるねんっ
うるさいねんっ
って申しておりました

久々のルーラーの怒りの鉄拳に
ベガは
DSC05661.JPG
「あんたたち、一生やってなさい
って感じで我関せず


マネは
DSC05486.JPG
私は関係ないのニャ~
って、こちらも我関せず

で、怒られたチャコフは
って言いますと



忍者ブログ [PR]