忍者ブログ
Dogo★ArgentinoのAlbachakofuv家的日常
プロフィール
HN:
Chakofuv母
HP:
性別:
女性
自己紹介:
ドゴ・アルヘンティーノのAlbachakofuvを含め、
現在3ワンコ、1ニャンコ、1ベビーを中心とした
ならず者(?)familyの喜怒哀楽な日常を
Chakofuv母の独断と偏見でお送りします・・・
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[04/06 YAE]
[04/04 YAE]
[03/27 YAE]
[03/24 YAE]
[03/22 YAE]
本記事中のスマイリーの画像は、Smiley Central を運営するアスク ドット ジェーピーから使用許諾を受けて掲載しています。
ゆらゆら
最新記事
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY

4週間前の今日、サーさんが誕生しました
早いもんですねぇ

私の身体に問題が多くて、
出産前からいろいろな事があったけど、
「安心しなさい。私が守りますよ」
っていう、誰が言っているのか分からないけど
暖かで、優しくて、それでいて、重みのある声が
何度も私の耳元で聞こえてました。

そして、6月のある日、
夢(?)でカレンダーらしきものが出てきて、
26日の日付のところに丸印がしてある。
それから、10、4/7とメモ書きみたいなのが見える。

よく分からない夢(?)だったのでそれほど深くは考えませんでした。
考えろよ

お腹の子供の成長が悪い(体重が軽い)ってことと
私の子宮も限界に近いってことで
先生に「このままお腹の中に入れておくよりは
早めに出してしまって、お腹の外でおっぱいなりミルクで大きくした方が良い」
って言われて、7月18日に入院をして
促進剤を使って出産する流れだった。

でも、ベッドに空きがないのと、
その日、陣痛が来ている妊婦さんが3人いたこと、
さらに、出産中の人が2人いたことから、
病棟ではてんてこ舞いの忙しさ。
私の場合、今すぐ出してしまわなければいけない
という切羽詰った状況ではなかったので、
「来週まで待ちますか・・・」という先生の判断で
翌週に持ち越しとなった。

次の週の検診で、
内診を受けている時、先生が思わず
「あ~っ」と叫んだ。
すでに、子宮口が4cm広がっていて、
これはもう、無条件で入院となり、
ベッドも1つだけ空いていた。

まさかそんな状況になるとは思っていなかったので
入院に必要なものなど持って来ていない。
それを伝えると、
「もう子宮が4cmまで広がってるから、
何があるか分かりませんよ」
って言われたけど
何かあれば、すぐに引き返してくるという条件で、
一旦帰宅することになった。

荷物を持って再び病院へ。
病院に着いて、まず、陣痛室へ案内され、
そこで、パジャマに着替え、
まずは、内診。
子宮口が6cmにまで広がっていた。
でも、お腹の張りとか痛みは全く感じていない。

「早ければ今夜、遅くても深夜には産まれそうですね」
って言われて、
病室へ案内された。

1時間ごとに、助産師さんが見に来てくれる。
「どうですか?お腹の張りとか、痛みはないですか?」
全くない。

夕方になって、主治医が病室に来て、
「どうですか?」と聞く。
「変わりありません」って答えると、
「微弱陣痛かもしれませんね・・・。
今晩、この状況に変わりなければ、
明日、促進剤を投与させてもらいますね。
いいですか?」
「はい」って答えるしかないやん・・・。
なるべくなら使いたくないけど・・・

夜になっても1時間ごとに、
「赤ちゃんの心音聞かせてくださいね」
と、様子を見に来てくれる。

そうこうしてるうちに朝になった。
午前6時ごろから、
何となく、お腹に張りを感じ始め、
それが定期的になってきた。
時間を計ってみると、3分間隔。
これが陣痛ってやつか?
と思っていると
助産師さんが
「どうですか?まだ変わりないですか?」とやって来た。
お腹の張りが定期的に3分間隔くらいに来ることを言うと
「ちょっと、確認させてくださいね」と言い内診。
「子宮口、かなり広がってますよ。8cmくらいになってます」
と言われ
「陣痛室に移動しましょうか。行けますか?」
ってことで、陣痛室へ。
そこには、ひとり、陣痛に耐える妊婦さんがいた。

陣痛室で赤ちゃんの心音を確認するために機械を付けられた。

となりのベッド(カーテンで仕切ってある)では
苦しみ悶える声が聞こえてくる。

一方私はと言うと、
定期的な痛みはくるものの、
悶え苦しむほどの痛みではない。
でも、確実にお産は進んでいるようで、出血が始まった。

しばらくして「どうですか?」と主治医が来た。
「出血してるみたいだし、お腹の張りも1分間隔くらいになってます。
でも、それほどの痛みは感じません」と言うと、
「内診させてくださね」と言い、内診。
「やっぱり、微弱陣痛ですね。子宮口が全開してますよ
分娩室に移動しましょう」と言われ
助産師さんになにやら指示をしていた。

分娩室に向かう途中、助産師さんに
「となりのベッドの人は、あとどれくらい?」と聞くと、
「まだまだ掛かりそうですね。まだ、子宮口が5,6cmしか開いてませんから」
えぇ~っ!5,6cmの開きであの苦しみ方?
私はどんだけ微弱な陣痛やねん・・・と思った。

そして、いよいよ分娩台へ上がった。
時間は8時26分。

ほどなくして、点滴開始。
徐々に痛みは増してくるのの、そんなに苦しいほどの痛みではない。
それでも、子供はガッツリ下りて来ている。

そして、痛みがMAXに達すると同時に破水。
やっと、破水した。

「お腹の張りと共にいきんで下さい」と言われて
いきもうとした。
体に力が入らない。
「しっかり、呼吸してくださいね。赤ちゃんに酸素が届きませんよ」
そんなことは分かってる。
でも、体に力が入らないどころか、声すら出ない。
何でや?おかしいやん!?
って思っていると
血圧を測られた。
「だ、大丈夫ですか!?頑張ってください!!」と、
ちょっと焦り気味の助産師。
そして、ワラワラと人が増え、何事!?と思っていると
「先生呼んでください!」の声が聞こえた。






あり得ないほどの血圧の低下。
でも、体が言う事をきかないだけで
意識ははっきりしきている。
しかし、まわりの人たちはそうは思っていない様子。

血圧が正常ならここで迷わず
緊急帝王切開ってことになるはず。

でも、著しい血圧の低下で
帝切はできない。麻酔がかけられないから・・・。

まわりの状況が緊迫し、慌しくなり
いろんな指示が飛び交っている中、
ふっと、何かに支えられたような感覚で体が軽くなり、
あの声が聞こえた。
「大丈夫。安心しなさい。私が守っていますから」
それを聞いた時

声が出そう・・・。

そして、口を突いて出た言葉が
「この分娩台、背もたれ上がりますか?
上がるんなら、上げていいギリギリまで起こして下さい」だ。

一瞬、現場が静まり返った。
「じゃあ、背もたれ上げますよ」の助産師の声で
再び、現場に慌しさが戻った。
更に私は「思いきって、切ってください。
裂けても構いませんから」
と言い、いきむ事数回・・・。
「頭がでましたよ!!もう、いきまないで下さいね」

出てきた子供は全身真紫になりながらも、
元気に産声を上げた。
それに、見るからに小さい。

すぐさま、小児科医の指示の元
別室へ連れて行かれるが、すぐに戻ってきた。

あれだけ真紫だったのに、戻ってきた子供を見ると
普通に赤ちゃん色をしていた。
そして、見るからに小さいのに、
体重が2560gあった。
ちゃんと普通に呼吸もしている。

助産師さんに抱かれて戻ってきた子供の傍らに
優しく見守る観音様の姿が見えた・・・。

まわりの人たちの
「信じられない」って顔と
「やっぱりあなた達は何かに守られてるんでしょうね」
ってポツリと言った言葉が印象的。

7月26日 午前10時4分
あの夢(?)で見た数字がそのまま並んでいる。

観音様に守られ生まれてきたわが子に
あえて、漢字は使わず
“さとり”と名づけた。




PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]