忍者ブログ
Dogo★ArgentinoのAlbachakofuv家的日常
プロフィール
HN:
Chakofuv母
HP:
性別:
女性
自己紹介:
ドゴ・アルヘンティーノのAlbachakofuvを含め、
現在3ワンコ、1ニャンコ、1ベビーを中心とした
ならず者(?)familyの喜怒哀楽な日常を
Chakofuv母の独断と偏見でお送りします・・・
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[04/06 YAE]
[04/04 YAE]
[03/27 YAE]
[03/24 YAE]
[03/22 YAE]
本記事中のスマイリーの画像は、Smiley Central を運営するアスク ドット ジェーピーから使用許諾を受けて掲載しています。
ゆらゆら
最新記事
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
[69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59
HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY
今日はゴミの日。
有り難いことにチャコフ家が住んでいるところは
ゴミの収集車が来るのがめっちゃ遅い。
いつも午後3時ごろに来てくれるので
ゆっくり、たっぷりゴミが出せる

お昼前、サリさんを抱っこ紐で前抱きしながら
ゴミ出しの準備をして、
ゴミの収集場所へ持って行ったとき
スーパーから出てきた夫婦連れが、なぜか、私の方をガン見してる。
「またかよ・・・。今日はそんな見られるような格好してへんで
って思いながらゴミを置いて帰ろうとしたとき、
その夫婦が更にこっちをガン見しながら道路を渡ってきて
こっちに近づいてくる
まぁ、スーパーの駐車場の前がゴミ置き場なんで
駐車場に車止めてはるんやろう・・・って思ってたけど
明らか、こっちに向かって歩いてくる
「何っ何なんっ」って思っていると

「こんにちは~」って奥さんの方があいさつをしてきた。
失礼にも「誰っ」って一瞬思った。
よく見ると、旦那さんがサリさんくらいの赤ちゃんを抱っこしてる。
で、奥さんをよ~~~く見ると・・・・

あ~っ、こんにちは~

急にテンションの私
その奥さんとは、
同じ病院に入院していた人。
陣痛室で私のベッドの隣で
子宮口全開でさほど痛みを感じていない私に比べ
子宮口5,6cmで痛みに苦しみ悶えてた人じゃん。
(普通はこうらしい・・・
出産後の病室は別やったけど、出産した日が同じってことで
ベビー室(何とか指導とかするとこ)でよく会っていた人。

旦那さんが抱っこしてた赤ちゃん。
男の子ってこともあるかもしれへんけど、
サリさんより遥かにデカイ
と思っていると、立て抱きしているサリさんを見て
「うわ~ちっちゃくてかわいい~」って言われたサリさん。
いつものように、ニヤ~って笑って、
「あお~ぅ」ってあいさつ(?)してはりました

で、何やかんやとしゃべってると、夫婦の視線が
私を通り越して、後ろに行ってる。
なんやろ?って思って何気に後ろを振り返ると・・・

チャ、チャコフ~~っ

忘れてたっ
玄関の扉開けっ放しやっ

でも、「リードが付いていない時は、自分の家の敷地から
勝手に出てはいけません」って言う
暗黙の了解とでも言うのか、それをキチンと守ってるチャコフ。
ギリギリのところで立っていた

夫婦もこのヘンテコな白い犬が気になる様子やったから
「ごめ~ん、あれうちの犬やねん犬、大丈夫
って聞いてから
ソワソワしてるチャコフを呼んでみた。
呼ばれたチャコフは「待ってました」って感じで
いつものドゴダンス(頭を下げて、下半身ごと尻尾フリフリ)しながら
喜び勇んで近づいてきた。
でも、注意しなければならないのは、
今は喜び勇んでるけど、この後、この夫婦にどんな反応をするかってこと。

そして、チャコフのとった行動は、
私の顔を見ながら近づいてきて、サリさんの足をチョロなめ。
それにサリさんが反応して「キャッキャ~」って笑う。
チャコフ喜ぶ。
ってのを何回か繰り返して、赤ちゃんを連れた夫婦に目線が

カラー付けてないでぇリード付けてないで

って思ったら、旦那さんがそんなチャコフの様子を見て安心したのか
チャコフの前にしゃがんだ

チャ、チャコフ・・・近い・・・
いつものチャコフの反応やん

旦那さん大喜び

で、あんまり赤ちゃんにチャコフを近づけるのもどうかと思って
「チャコフ、バック、バック。ハウスっ
って言うと(私、ハウスなんか言うた事あらへんのに
テッテケテ~と家に戻って行った
それを見て奥さんが
「あれぐらいちゃんとしつけしないと犬なんか飼えませんよねぇ
って聞かれて
し、し、しつけあれがハウスなんか今初めて言うた言葉やねんけど
って思いつつ、「ん何で」って聞くと
「ボク、犬が大好きで、飼いたいなぁって思ってるんですよ。
子供にも小さい頃から人間以外の生き物の存在って言うのか
動物だって同じ命なんだよってことを分かってもらいたいって言うか・・・
でも、嫁がアカンっって言うんですわ」って旦那さんが必死に訴えるけど
「奥さんがアカンっていうのも分かる。
うちの場合はワンコ&ニャンコが先におって、
後から子供ってパターンやから、
子供がどんな存在なんかっていうのはワンコにしてもニャンコにしても
なんぼでも理解してくれる。
けど、子供とワンコの同時進行はしんどいと思うよ。
でも、やってやれんことはないと思うけど」って言うと
旦那さんが「さっきのあの子はラブですか」って・・・・
「違います・・・ドゴ・アルヘンティーノいう犬です」って言うと
「えぇ~っあの子、ドゴなんですかっイメージがぁ・・・
って、旦那さんはどうやらドゴを知っている様子。
「ネットとかで見てたんですよ。へぇ~、あれがドゴですか
ドゴってすっごく危険なイメージが蔓延してるじゃないですか
全然イメージと違いますわ・・・。いいなぁ・・・。
犬の中で一番強いとか、何とか言われてるじゃないですかぁ
やっぱり、ネットとかって半分は信用ならないってことですね」って旦那さんが言う。

そうなのか・・・。
やっぱドゴって、そんなイメージがまだするのか・・・
って、改めて思った。



PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]